Reviews

猫に痛みや腫れを与えるものは何ですか

愛猫の顔が腫れている。飼い主なら驚いて当然です。散歩猫の場合、外傷やケンカなどがきっかけで感染が起きた可能性があります。また家猫、散歩猫に限らず、考えられる病気はそのほかにもたくさんあります。病気の種類によって予後や対処法が変わることも知っておきましょう。 猫の顔が腫れている!原因は何?考えられる病気は? | 猫の病気 … 猫の顔がいつもより腫れている…そういうことはありませんか?猫の顔に異常がある時の原因や考えられる病気は何なんでしょうか?今回は顔の腫れについて解説したいと思います。 猫のよだれは病気かも?猫のよだれが多くなる3つの原因と対処 … 猫のよだれが多くなる原因は何? 猫のよだれが多くなる最大の原因は 「口内炎」 です。 小さい腫れですがジンジンとした痛みを感じて厄介ですよね。 スポンサーリンク . 猫の口内炎も人間と症状が同じで 「食欲不振」 に陥ることもあるのだとか。 猫が舐めた物は食べない方がいい!うつるかもしれない病気6選

猫が長期間にわたり連続してくしゃみをする場合や鼻水を伴う場合、何日も止まらない場合は病気にかかっている可能性があります。放っておいても良いもの、病気の可能性が高いものの見分け方など含め、今回は猫のくしゃみから考えられる病気に関してまとめました。

【症 状】: 猫のオシッコは普通1日2~3回ですが、膀胱炎になると5~6回に増える。 飲水の増加、排尿の回数が 尿結石・血尿・頻繁で痛みを伴う排尿・尿道閉塞など様々な症状を引き起こす症候群。 【症 状】: 症状は軽度のものから重度のものまで様々 ・排尿回数または排尿動作が多くなった。 ・排尿動作をしても その猫にあったFUS・尿路疾患対応(低マグネシウム)などのフードを与える。 △上へ 【症 状】: 食欲不振・嘔吐・膀胱の腫れなどがみられ、尿が出なかったり血尿が出ることもある。 排尿が完全に閉塞して尿  2017年5月10日 もし、犬や猫についているマダニを見つけても、引っ張って取ったりしてはいけません。 されるチュアブルタイプやスポットオンタイプのマダニ&ノミの駆虫薬を定期的に投与して寄生を予防したいものです。 を経てSRTSを発症すると、発熱、消化器症状、頭痛、神経症状、筋肉痛、意識障害、リンパ節の腫れ、皮下出血などが  2019年10月1日 【獣医師監修】猫におやつを与える際の量や注意すべきポイントをわかりやすく解説します。またどんなものを与えるべきか迷っている方必見!おやつのタイプ別の特徴やおすすめ 猫のおやつって何がいいのか迷うくらい種類も豊富ですし、どのような頻度や回数を与えていいのか難しいですよね。そんな疑問を獣医師さんから伺っ 

もしかしたら可愛い猫から、何らかの病気が飼い主さんに伝染する可能性だってあります。今回は、獣医師の三宅先生に猫から人間に感染する病気についてうかがいました。 猫から感染する代表的な病気

【症 状】: 猫のオシッコは普通1日2~3回ですが、膀胱炎になると5~6回に増える。 飲水の増加、排尿の回数が 尿結石・血尿・頻繁で痛みを伴う排尿・尿道閉塞など様々な症状を引き起こす症候群。 【症 状】: 症状は軽度のものから重度のものまで様々 ・排尿回数または排尿動作が多くなった。 ・排尿動作をしても その猫にあったFUS・尿路疾患対応(低マグネシウム)などのフードを与える。 △上へ 【症 状】: 食欲不振・嘔吐・膀胱の腫れなどがみられ、尿が出なかったり血尿が出ることもある。 排尿が完全に閉塞して尿  2017年5月10日 もし、犬や猫についているマダニを見つけても、引っ張って取ったりしてはいけません。 されるチュアブルタイプやスポットオンタイプのマダニ&ノミの駆虫薬を定期的に投与して寄生を予防したいものです。 を経てSRTSを発症すると、発熱、消化器症状、頭痛、神経症状、筋肉痛、意識障害、リンパ節の腫れ、皮下出血などが  2019年10月1日 【獣医師監修】猫におやつを与える際の量や注意すべきポイントをわかりやすく解説します。またどんなものを与えるべきか迷っている方必見!おやつのタイプ別の特徴やおすすめ 猫のおやつって何がいいのか迷うくらい種類も豊富ですし、どのような頻度や回数を与えていいのか難しいですよね。そんな疑問を獣医師さんから伺っ  2018年8月1日 「猫=魚」というイメージがついたのはなぜなのでしょうか。今回は、そんな背景について考察しながら、猫に与えてよい魚の種類や与え方と、調理品も含めた避けたい魚について解説します。また、キャットフードを選ぶポイントについてもご紹介し  多くの飼い主さまは愛犬愛猫の口臭は気になり、犬や猫も歯周病になることをご存知です。 硬いものが噛めなくなり、違和感や痛みで歯にものが引っかかるような食べ方や痛みで口を気にすることもあります。 この場合、眼の下(頬)が腫れてしまいます。 歯周病はお口の中の問題にとどまらず、全身へ影響を与える可能性がある病気です。 と呼ばれるごくありきたりの微生物です。動物の体内やその排泄物、土の中などに. 存在し、人にも感染します。 免疫力がある健康な人であれば、トキソプラズマに感染しても症状が出ないか、首の. リンパ節の腫れや発熱が出る程度で、治療の必要はありません 

もしかしたら可愛い猫から、何らかの病気が飼い主さんに伝染する可能性だってあります。今回は、獣医師の三宅先生に猫から人間に感染する病気についてうかがいました。 猫から感染する代表的な病気

猫の頭部のケガについて|猫の病気・症状の原因と飼い主ができ … 猫が頭部にケガをする主な原因は、交通事故や高いところからの落下によるものです。 猫はもともと、高いところから落下しても着地することに長けていますが、子猫では自分が着地できる高さをまだ把握できていなかったり、何らかの病気によって平衡感覚が失われていたり、神経に障害が 猫の顎の下の黒いカスでブツブツしたものは何?それの治し方 …